2008年06月07日

原油200ドル時代?マスコミ報道に踊らされるな!!

http://news.livedoor.com/topics/detail/3673848/
2008年06月07日09時34分 ライブドアニュースより

ついに米原油先物139ドル突破しちゃいました。
一体どこまで上がるのでしょうか?
OPECも200ドルまで上がるだろうと予測している
らしいです。まあOPENは下がりそうでも上がるって
言うんでしょうけど。

ただ私の予測だと、昨今の原油高もそろそろ末期に
きていると思います。ここまで連日テレビニュースや
雑誌で取りざたされるようになり、我々一般庶民
にも知られるところになるということが、既に原油高
終焉を暗示しているのです。

テレビや雑誌に取り上げられる情報は遅いのです。
マスコミ(特にテレビ・雑誌)はその時その時の流行を
紹介することに終始する媒体です。
長年投資をされている方なら分かっていただけると
思いますが、投資は流行を先読みしていなければいけません。
流行してからでは遅いのです、既に甘みは
無くなっているのです。

昨年のサブプライムショック前を思い出してください。
連日マスコミで、うなぎ上りの日本株価高が報道されて
いました。日経平均2万円を超えるもの時間の問題、
さあ今が株式投資の空前のチャンス・・・・のような論調
が繰り返されていました。このような論調を受け
株は儲かるということで
多くの人が株式投資に初参戦し無残に散っていきました。

このような事例は過去何度も繰り返されきました。
最近のマスコミによる原油高報道の加熱っぷりを
見ているとそろそろ商品先物投資も黄信号が点滅
していると言わざるを得ません。しかもマスコミ報道に
乗っかって商品先物投資にに参戦する輩もそろそろ
でてきているので、ますます限りなく赤信号に近い
黄信号です。

2000頃、1バレル10ドル近辺をウロチョロしていた
原油相場は今や139ドルにまで高まったのだから
原油高を見越して既に投資していた人たちは
もう十分すぎるくらい儲かっています。そろそろ
利確して次の投資対象を探し始めているでしょう。

今から原油に投資するのは物凄く危険だと思います。
ぜひとも皆さんにはマスコミに踊らされることの
ないようにしてください。仮に報道に乗っかって
投資してしまえば・・・・・・・・・

yokoben1.jpg

「やめて〜〜〜〜!!!!」

こうゆうことになります(すいません、この画像を
使いたかっただけです)。


PS:米の雇用統計が発表されましたが、やはりリセッション
に向かっているようですね。ブッシュ大統領も景気減速
を認めちゃいましたし。今後米の景気減速が進むと
思われるので、原油価格が急落するということは
どうやらなさそうですね。ちなみに私は来年、再来年あたり
ダウが底をつくのを待って米コカコーラやマクドナルド
あたりの株を狙っておりまする。

PS:前述のマスコミ報道(特にテレビ)を基に投資判断する
手法はかなり有効です。著名投資家も判断材料として
多くの方が利用しています。私は勝手にテレビ指標、
雑誌指標etcと呼んでいます。報道が過熱しだしたら天井、
全く見向きもされないなら大底というような感じで
判断する指標です。ぜひ活用してください。

PS:本日から栃木県の鬼怒川温泉に行ってきます。
私所長の「サラリーマン引退記念温泉ツアー」です。



posted by 所長 at 12:49| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

ゴールドマン・サックス作戦を逆手に取る

みなさん、大変です。
株ドルのことなんて語っている場合ではありません。

ついに原油価格が1バレル=120ドル突破してしまいました。
一体どこまで上がれば気が済むんですか。

そんな中気になる記事を発見しました。

[ロンドン 6日 ロイター]
 ゴールドマン・サックスはリサーチノートで、
供給の伸びが鈍いことから、原油価格は向こう2年間で
1バレル=200ドルまで上昇する可能性がある、
との見方を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080507-00000602-reu-int
Yahooニュース 5月7日10時14分配信 ロイター

http://news.livedoor.com/trackback/3628260
ライブドアニュース

さあ、投資歴が長い方なら、「来た〜」とお思いでしょう。
恐らくこのリサーチノートの発表により原油市場が強気になり
さらなる値上がりが進むでしょう。ところがある日突然
原油は高すぎるみたいなレポートをGSさんは発表し原油価格
の大暴落が起きるはずです。GSのお墨付きをもらって、
個人投資家は安心しきっているから、突然の弱気レポートに
パニック状態に陥り、プットの嵐になるでしょう。もちろん
GSは既に売り越していているので、しっかりと儲けます。
GSお得意の「安心させた後大暴落を誘発してガッポリ儲ける
作戦」です。そして長期的にはまだまだ原油高は当分
続きそうなので90ドル〜100ドルあたりで、また
買い戻すのではないでしょうか。

どれだけの投資家が、この作戦に泣かされてきたか。

というわけで、みなさん頃合を見て、短期的に売りです。
&原油と正反対の動きをする株(日本株でOK)をやはり
短期的に買いです。

GSの作戦を逆手にとって、ちょっぴり儲けようでは
ありませんか。社員平均年収7000万円軍団に一矢報いて
やろうではありませんか。

まあGSについては、このあたりにしておきましょう。
しかし、1バレル=120円ってあり得ないです。
ただナイジェリアの油田が爆破されたとか、原油高を
煽る報道ばかりで、原油供給に関するニュースは
全く聞こえてきません。

とある学者は今後100年以内に地球上の原油は枯渇する
というレポートを発表しています。しかも現在中国が
洒落にならんくらいのスピードで原油のみならず他資源も
食い散らかしています。

GSのいう1ドル=200バレルも現実に起こりえるのかも
しれません。

いやあ、えらい時代になりましたなあ。

そんな混迷極まる世界経済の中、ついに
あの男(イニシャルE.S)が立ち上がったようです。
これについては明日書きたいと思います。
※明日心変わりして株ドルについて書いてるかもしれません。
 あと株銘柄選択16箇条の発表を楽しみにしている
 みなさん、もう少しお待ちください。

では

posted by 所長 at 22:17| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。