2008年05月23日

究極の投資は会社経営投資なり

アメリカの経済誌フォーブスのアジア版が5月8日、
「日本の富豪40人(Japan's 40 Richest)」を発表して
います。

■日本の富豪たち(2008年版)

1位……山内溥(任天堂相談役):78億ドル
2位……森章(森トラスト社長):77億ドル
3位……毒島邦雄(SANKYO取締役相談役):54億ドル
4位……佐治信忠(サントリー社長):53億ドル
5位……孫正義(ソフトバンク社長):51億ドル
6位……柳井正(ファーストリテイリング社長):47億ドル
7位……糸山英太郎(新日本観光会長):45億ドル
8位……三木谷浩史(楽天社長):38億ドル
9位……滝崎武光(キーエンス会長):32億ドル
10位……武井ひろこ(武富士):31億ドル
37位……笠原健治(ミクシイ):7.4億ドル

いずれも会社経営者なのですが、彼らは皆
一流の投資家でもあります。

私が思うに会社経営は一種の投資です。
会社に金を設備投資という形で投資し、儲ける。
銀行や株式市場から金をかき集めて投資するのは
まさに信用取引そのものではないでしょうか。

我々一般投資家は、投資と言えば株・FX・投資信託etc
の商品を思い浮かべ、またそれらの商品に
こぞって欲丸出しで投資していますが、やっぱり
これらの商品はたとえ儲けることができても、その額は
知れています。たいした儲けにはなりません。

やはり究極の投資は、なんといっても会社経営です。

実はあの投資の神・ウォーレン・バフェットも純粋
に投資家というより、どちらかというと上記の
ランキングに名を連ねる人たちと同じく会社経営で
財を成してきた人物です。
業績の良い会社を次々と買収し自分の
持ち株会社バークシャー・ハサウェイ傘下に置いて
バークシャーの株価を吊り上げて儲けるという
やり方で財を成してきた人です。

さあ、みなさん株とかFXやっている場合じゃ
ないですよ。みなさん個人投資家が淡い夢を抱いて
頻繁にネット取引している裏で、がっつり儲けて
いるのは証券会社ですよ。取引が活発になればなるほど
手数料で大儲けしています。デイトレーダーなんて
証券会社にとって最高のカモです。週刊誌SPAで
連載を持っている大学院トレーダーなんて証券会社
にとっては神でしょう。しかも一銭もかけずに
デイトレードの宣伝をしてくれているいわば
広告塔でもあるわけですから。

まあとにかく、私もいずれは会社経営という究極
の投資にチャレンジしたいと思っています。
では。

PS:最近、更新が滞っています。申し訳ありません。
 近いうちに退職しますので、その後は毎日更新
 していく予定です。
posted by 所長 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社経営投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。