2008年04月22日

プロ野球と投資 〜その2〜

 その後の両銘柄はといいますと、松坂株は
ご存知の通りパリーグを代表するピッチャーとなり
今やメジャーリーグで大活躍している。
ただ所長が思うに、松坂は1年目以降それほど成長
していないように思える。確かに体も大きくなり
スタミナは明らかについていると思うが、
ストレートの急速が入団以降落ちていっていると思う。
スライダーの切れも相変わらず良いのだが、さらに
磨きがかかっているかというと疑問である。
チャートに例えるなら、激しい騰落がなく高値圏を
10度位の角度で右肩上がりで推移しているという
イメージがある。
 藤川株はといいますと、入団してからしばらく
1軍と2軍の間を行き来して実力・実績を着実に積み上げ
7年目に中継ぎとしてようやくブレイク。チャートに
例えるなら、最初のうちは30℃位の角度で右肩上がりで
推移し、ここ7年目以降60℃位の角度でさらに値上がり
していっているイメージがあります。
そして今や両銘柄はほぼ同じくらいの時価総額になってます。

 松坂を保有していた西部ライオンズは決して
急落することなく徐々にではあるが値上がりしている
超安定的保守銘柄、いわば武田薬品工業(4502)のような
銘柄に投資した堅実投資家(※昨年利食いして
しまいましたが)。

 藤川株を保有した阪神タイガースは安値だったが
将来の成長を見込んで大量の買いをいれ長期保有してきた、
いわばグロース投資家。

 ちなみ巨人は、毎年毎年超高値圏にある銘柄に手を出し、
その後買った株が大暴落を起こし結局すぐに安値で損切り
するというアマチュア・デイトレード投資家。
バリュー投資・グロース投資がすごく下手。

 球団を投資家・あるいはファンドマネジャー、選手を銘柄と
考えてみると、それぞれの球団の銘柄選別方法に特徴が
あることがよく分かります。阪神は確かに生え抜きの
選手が多い(最近は外からも取ってるかな)。巨人は
上記の通り毎年サブプライム・ショック状態。

 世間では阪神タイガースタイプのグロース投資家賞賛
されます。しかし阪神タイガースタイプの投資家は
日本には少ない。一発逆転ホームランばかり考えて、
じっくり待てない人が大半です。投資家の割合としては、
1割が阪神タイガースタイプ、3割が西武ライオンズ
タイプ、残り6割が巨人タイプといったところでしょうか。

 みなさんどのタイプの投資が自分にあてはまるでしょうか。
所長は藤川球児のような銘柄が好きなのですが、
実際は巨人タイプです。ナベツネ同様、目立つ高値銘柄
につい目が行ってしまいます。

長々と書いてきましたが、球団=投資家 選手=銘柄
という視点でプロ野球を見たらけっこう楽しいですよ。
それに今後の投資活動の参考になるかもしれませんよ。
まあ何はともあれ阪神タイガース!!藤川!!今年優勝してくれ!!

 最後に阪神・阪急HLDGS(9042)の日足を
紹介していきましょう。今年のタイガースは強いので
優勝需要を見越して今が仕込み時かも。

hanshin.jpeg

以上、実は虎党の所長でした。ではまた次回お会いしましょう。
posted by 所長 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

プロ野球と投資 〜その1〜

 今日は、所長も大好きな
阪神タイガースの藤川球児投手及びレッドソックス
の松坂大輔投手を投資対象銘柄、
阪神タイガース・西部ライオンズを投資家
と見立てて投資について語っていきたいと思います。

おい、「株銘柄選択16箇条」はどうなったんだ、
とお思いのみなさん、もう少し待ってください。
準備はできていますので。

閑話休題

彼は入団当時
なにかと松坂と比較されたのですが、ご存知の
通り当時松坂は春夏と横浜高校を甲子園優勝へと
導びき鳴り物入りで西武ライオンズに入団してきました。
一方藤川はといいますと、夏の甲子園に一度出場
するもののあえなく2回戦で敗退。中学時代広末涼子
と同級生だったということだけがマスコミで取り上げられ
野球に関しては全く触れられないという屈辱的な
扱いを受けている。
 当時ピッチャーとしての実力も両者では雲泥の差が
あった。松坂は18歳にして既に150キロを超えるストート
140キロ台の凄まじく切れのあるスライダーを投げる
既に完成されたピッチャーだった。一方藤川は
ストレートは140キロいくかいかないか、体の線も細く
当時はまだプロでは通用しないというのが大勢の意見だった。
 プロ生活が始まり、大方の予想通り二人の1年目の実績
ははっきりと明暗が分かれた。松坂1年目の実績は16勝5敗、
藤川1軍出場なし。

 長々と書いてきましたが、要は今をときめく両者は
スタート時点でまったく実力・実績が違っていたわけです。

 株に例えるなら、松坂は将来の業績が期待され既に高値圏
にあったIPO銘柄、藤川は買い手がほとんどつかない(実際
ドラフト1だったのだが、中日の岩瀬の補欠氏名だった)
超低位IPO銘柄だった。

※プロ野球と投資〜その2〜に続く 
posted by 所長 at 19:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

相場ローテーション

「株銘柄選択16箇条」の前に、面白い本があるので
ご紹介しておきます。





 まだ、最初のほうを少し読んだだけなのですが、
この本すんごいですよ。くだらない投資本ばかりが
出回っている(「XXX億円稼ぐ方法」のように露骨に
金額をタイトルに持ってきているあざとい本)昨今
において、近年まれに見る優秀な内容になっています。
株・先物・為替の上がり下がり
のローテーションをかなり事細かに分析しています。
商品相場と株相場、アメリカ株と日本株etc、別商品
同士の関連性etcにも言及しています。
著者が提唱している相場ローテーション
は、どれも規則性があり、よくこんなこと発見したなあと
感心させられました。

 実はこの「相場ローテーション」は、所長の研究テーマでも
あります。まだ研究し始めて間もないのですが、
いつかは、絶対不変のローテーションを発見して紹介して
いければと思っています。いや、明日なき個人事業主なので
公表せず情報商材として売っているかも。いや絶対不変の
ローテーションなんて発見したら、まず負けることがないの
だからファンドでも立ち上げようか・・・・いろいろと大それたこと
を考えている間に、カップ焼きそばの湯切りをするのを
忘れていて、麺がフニャフニャになっていた。今日の唯一の
晩飯が・・・。

辛い。
posted by 所長 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め投資本紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

近日「株銘柄選択16箇条」発表

 現在、所長が研究しているテーマはズバリ
「株の銘柄選択方法」です。
 株式投資の入り口である銘柄選択を誤らなければ、
長期投資であろうがデイトレードであろうが勝てます。
 株投資で一番重要な部分であるにもかかわらず、
何も考えず銘柄選択している人ってけっこう多い
のではないでしょうか。巷でよく聞くPER・PBRを
低いので割安だから買い!!チャートが※ゴールデン・クロス
を形どったから買い!!・・・鼻息を荒げてすぐに買いに
走ってしまっている人がほとんどでしょう。そういう
方々は、買った時点で今後の株価の推移を追っていく
までもなく既に負けることが決定しているのです。かの
有名な拳法家の言葉を借りれば「お前はもう死んでいる」
というわけです。

※ゴールデン・クロス・・・聖闘士星矢に登場する黄金聖闘士が  
           まとっているクロスではありません。

 株を買うときは、もうちょっと慎重にならなければ
いけません。株は購入する前に事前に入念に下調べ
が必要です。下調べ?めんどくさいよ!!時間がない!!
とお思いの方たくさんいらっしゃるでしょう。
 そんな方々のために、私所長が銘柄選択する際の
判断材料となる「株銘柄選択16箇条」という条件を
研究しましたので、後日1箇条づつ小出しに紹介
していきたいと思います。この「株銘柄選択16箇条」は
ウォーレン・バフェット、ピーター・リンチ、
ジム・ロジャーズといった大投資家達の投資法の
エッセンスを搾り出して作成しております。
 はっきり言って、この「株銘柄選択16箇条」で
選択した銘柄で99%負けることはないでしょう。
一時的に評価損が出ても、すぐに取り戻せるでしょう。
 「株銘柄選択16箇条」で銘柄を選択することが
究極の保険になるはずです。後は、デイトレード
しようがシステムトレードしようがスパイダー投資しようが
お好きにしてください。

 ではまた後日、お会いしましょう。さいならっきょ。


にほんブログ村 株ブログへ

posted by 所長 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 株研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

隅投資研究所開設

 この度、投資研究所を開設しました。
100%勝てる常勝投資法を日々研究し、その
成果を公開していきたいと思っています。
私当研究所の所長は、
サブプライム問題、急激な円高で壊滅的被害
を受けたのですが、その反省から
投資は運否天賦に任せるのではなく、研究に
より裏付けられた勝算・根拠がなけらば
手を出してはいけないと痛切に感じ、
研究所開設をいう運びになりました。
 
 昨年末以降、カップラーメンをすする
屈辱の日々を送ってきた私所長が、なんと脱サラ
までして真剣に取り組んでいきたいと思っおります。

 読者の皆さん、ぜひとも長い付き合いを宜しく
お願いします。
posted by 所長 at 05:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。